FC2ブログ

Bishop Records blog

レコードレーベル"Bishop Records"の、最新情報やこぼれ話など。

齋藤徹、逝去

160708tetsu_s_003.jpg 5月18日11時36分、コントラバス/作曲の齋藤徹が逝去されました。

 一般には異端かもしれませんが、音楽としても人の筋としても私には本筋と思える道を、私たち後輩の前を走って示してくれた、尊敬する大先輩でした。闘病生活に入られてから私の本を読んで下さり、「私も死ぬまでに何とか本を書きたい」と仰って下さいましたが、私のような後輩すら軽くみる事なく真剣に対峙しようとしたその姿勢には敬服するばかりでした。

 執筆は間に合わなかったかも知れませんが、自分の半生を振り返った2016年のソロリサイタルと、その録音『TRAVESSIA』が間に合った事で、身体性を含めたその思想のエッセンシャルな部分を音で示し残す事が出来たのではないでしょうか。本人にとってはすべてが道なかばでしょうが、それでも自分が真剣に対峙してきたことへの見解や成果の半分でも示す事が出来、それが社会の尺度に乗った上で相当な意義を持つものであった事は、音楽家として最上の人生であった事と思います。

 音楽界においても迷走を続ける社会思弁においても、素晴らしいものを示した大先輩。私の理解と解釈の範囲に限られるものの、音楽に疎い人に対し、あの作品の意味のひとつを言葉として社会に伝える手助けを出来た事は、私に出来る先輩の偉業への恩返しのつもりでもありました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 (近藤秀秋)

https://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-6078/
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-10857/
http://bishop-records.org/onlineshop/artist_detail/STetsu.html

スポンサーサイト
  1. 2019/05/19(日) 14:59:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フランスLe son du grisli 誌、望月治孝インタビュー掲載

フランス Le son du grisli 誌での、サクソフォニスト望月治孝のインタビュー。
http://grisli.canalblog.com/archives/2018/09/17/36711296.html

望月治孝、川島誠 / 自由な風のように
http://bishop-records.org/onlineshop/article_detail/AN14.html

望月治孝 / ガラスをとおして
http://bishop-records.org/onlineshop/article_detail/AN-R5.html

望月治孝‐近藤秀秋 / el idioma infinito
http://bishop-records.org/onlineshop/article_detail/EXJP019.html
  1. 2019/04/25(木) 12:08:05|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

『Jazz Tokyo No.249』更新

20181208_1.jpgJazz Tokyo 誌に、2つのライブレポートを書かせていただきました。

能楽『名曲能の会 第二十回記念公演 鸚鵡小町』は、日本の伝統芸能や伝統音楽が暗に共有している思想はこれなのではないかと考えさせられた、素晴らしい体験でした。今年も色々なパフォーマンスを拝見させていただきましたが、これで他のすばらしいパフォーマンスもかすんでしまったほど。
http://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-35840/

タンゴ『Trio Celeste & Sayaca with グスタボ・エイリス』。なぜ異文化アルゼンチンの音楽が日本で50年も連綿と受け継がれているのか、何に惹きつけられているのか、それを垣間見たような素晴らしいステージでした。
http://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-35829/

自分の作曲のための時間が充分に確保できず、「仕事」に追われる毎日で、悠長にライブレポートなど書いていられるような身分ではないのですが、このふたつのライブは、自分の時間を割いても伝える価値があるのではないかと、書かせていただきました。

まだすべての記事に目を通していないのですが、他に個人的に興味を惹かれた記事は、ライブレポート『作曲家グループ<邦楽>コンサート~音のカタログ vol. 8』(悠雅彦)、ディスクレビュー『新井陽子/シャドウ・ライト : Yoko Arai / Shadow Light』(伏谷佳代)、年間アワードCD『 廣木光一・渋谷毅/Águas De Maio 五月の雨』(齊藤聡)、など。私など、今となっては音楽の情報をどこから仕入れたらよいのか分からなくなっている状態なのですが、なかなか面白そうな記事がいくつかあり、正月にでも読んでみようと思っています。
http://jazztokyo.org/
  1. 2018/12/30(日) 14:26:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018.10.22 坪川真理子ギターコンサート at いずみホール

20181022.jpg2018年10月22日、東京の西国分寺にあるいずみホールでの坪川真理子ギターリサイタル、素晴らしかったです。右手の繊細なタッチ、左手の脱力、見ているだけで得難いレッスンを受けているようでした。行ってよかった。

音大や村治ギター教室等で数多くの後進を育て、「現代ギター」誌上でのギター界への貢献も際立ち、数多くのコンクールで審査員を務め、そして今もリサイタリストとしてステージにあがります。坪川さんとはデビュー以来ずっとお付き合いさせていただいていますが、気づいてみれば、日本のクラシック・ギター界になくてはならない重要人物になっていました。拍手!



  1. 2018/10/22(月) 23:16:29|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

山田唯雄デビュー作『1.0 (one)』録音評、JazzTokyo 誌に掲載

yamada_one.png 日本のレコーディング・エンジニアの大巨匠である及川公生様が、私が録音とマスタリングを担当させていただきました山田唯雄さんのデビューCDの録音評を、Jazz Tokyo 誌に書いて下さいました。
http://jazztokyo.org/reviews/kimio-oikawa-reviews/post-30695/

 クラシック・ギターの録音をする場合、私が念頭に置く事があります。ひとつは、クラシックのオケ録音やピアノ録音をベースに、先人たちが築いてきたクラシック・ギター録音の美学哲学の延長線上にある録音にする事。もうひとつは、それをベースにした実際の優秀録音との比較参照です。その優れた録音のひとつとして、私は及川さんの山下和仁録音を聴き続けてきました。及川さんのクラシック・ギター録音の中には、ジュリアン・ブリームの「Spanish guitar recital」に匹敵する奇跡的なものも含まれていて、常に私の理想でした。

 及川様のレビューは、そこまで分かるのかと驚きました。今回、ディレクターの竹内永和さんが私を信頼してくれて(竹内さん自身が、日本のクラシック・ギター界の素晴らしい才能のひとりです)、自由に録音させてくれたのですが、これでホールのサウンドを私好みに作り替え、さらにほぼワンポイントに近い録音を実施する事が出来ました。音の良さは判断基準がいくつもあり、それらは相反する性質を持っています。厚み(fullness)、前に迫る距離感(project)、切れ(crispness) など、どれかを増そうとすると、どれかが減ります。山田さんは技術のみならず表現に優れたギタリストで、エンジニアとしては、豊かな音での収音を心掛けながらも、デュナーミクの広さと音色の使い分けの巧みなギタリストの特性を殺さない事が、相反する要素として難しいポイントでした。今回はマスタリングも担当できましたので、何をどこに分担させればその音を実現できるかというプランを練りながらの作業でした。

 そして及川さんには、レビュー中で、私が何を考え、どこでその問題を解決したかをすべて指摘されました。特に、マスタリング作業に何を割り振ったのかを指摘されたのは驚きで、CDを聴いてそこまで分かるとは思っていませんでした。同時に、専門外の人にはとうてい理解してもらえないプロフェッショナルの世界を語る事が出来る大先輩がいるのだという嬉しさがありました。だいたい、プリ・ディレイやアーリー・リフレクションの時間や距離やバランスを考え、マイクの位置を1センチずつ動かす世界って、録音の最初から最後まで録音エンジニアしか知らなかったりしますしね。別に知ってもらおうとも思わないんですが、理解してくれる人がいるという喜びです。

 今、こういう所を聴く事の出来るエンジニアの数は多くないのではないかとも思います。先日、グラモフォン録音のポリーニによるベートヴェンのピアノソナタのディスクを聴きましたが、エンジニアが位相を聴き分けられず、またピアノのセンターも取れないレベルにある事が分かるものでした。メニューイン&フルトヴェングラー/フィルハーモニア管弦楽団によるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲など、かつてはモノラルのワンポイント録音にもかかわらず奇跡的な音場と音像を捉えた天下のグラモフォンですら、今はこういうレベルです。そうした中、自分の近くにこれほどの巨匠がいてくれる事の歓びははかり知れないものがあります。及川さんのレビューは、客観的に見ても絶賛にちかいほど褒めていただけたと思うのですが、これって、ピアニストでいえば、ブレンデルやアルゲリッチに絶賛されるようなもので、レコーディングエンジニア冥利に尽きる喜びです。

  1. 2018/09/02(日) 12:40:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Bishop Records

Author:Bishop Records

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

EXJP023 (10)
EXJP021 (16)
EXJP020 (9)
EXJP019 (11)
EXJP012 (4)
EXJP009 (1)
EXAC013 (7)
EXAC012 (12)
EXAC009 (1)
EXAC004 (1)
EXFV004 (6)
EXFV003 (2)
EXIP0520 (1)
EXIP0519 (1)
EXIP0410 (4)
PSFD-210 (5)
書籍『音楽の原理』 (10)
ライブ情報 (20)
入荷情報 (11)
未分類 (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR