FC2ブログ

Bishop Records blog

レコードレーベル"Bishop Records"の、最新情報やこぼれ話など。

Jazz Tokyo 誌に『狩俣道夫 / no umbrella, no tonguing, if not for the room』レビュー掲載

EXJP020.jpg 批評家の伏谷佳代様が、Jazz Tokyo 誌にて、2016年発表の狩俣道夫作品『no umbrella, no tonguing, if not for the room』をお取り上げ下さいました。

 主役となるミュージシャンも勿論そうでしょうが、その音楽に入っているものが何であるのかを捉えるよう努め、そこにある何が伝わればよいのかを何度も検討し、それを以降の編集やミックス、ジャケットデザインといった形に反映させて世に投企していくスタッフも、大事に聴いていただける方がいるのだと知ることが出来るだけで、費やされた莫大な時間と労力のすべてが報われる思いがします。

 伏谷様、素晴らしい文章をありがとうございました。

https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-52116/?fbclid=IwAR1G4Vg6gYfhuq-ttuBeFTXDrdqb9mjhas6fBKbUz4niY2TiZ8VjP7XjfKc

スポンサーサイト



  1. 2020/05/03(日) 11:33:43|
  2. EXJP020
  3. | コメント:0

『ジャズ批評』2017年3号 杉田誠一さんが狩俣道夫作品を年間ベスト5に選出

P2270241-2.jpgジャズ批評2017年3号にて、批評家/音楽プロデューサー/Bitches Brewオーナーの杉田誠一さんが、CD『狩俣道夫 / ノーアンブレラ、ノータンギング、イフ ノット フォー ザ ルーム』(Bishop Records, EXJP020)を年間ベスト5に選出下さいました。

また、同号は『山口正顯・渡辺生死 duo / 砂山』(EXJP023)、『照内央晴・松本ちはや /哀しみさえも星となりて』(EXJP021) も取りあげて下さっています。杉田様、「ジャズ批評」編集部の皆様、ありがとうございました。

http://bishop-records.org/onlineshop/article_detail/EXJP020.html

http://www.jazzhihyo.com/




  1. 2017/02/27(月) 21:38:36|
  2. EXJP020
  3. | コメント:0

2016.7.10 狩俣道夫/A Qui Avec Gabriel/亞弥 『ぬばたまり』 公演

13407151_1033092530072856_8118893151243211265_n.jpg狩俣道夫 (flute, voice etc), A Qui Avec Gabriel (accordion), 亞弥 (dance) によるグループ。最近、このグループの記録動画を見たのですが、素晴らしかったです。7/10に公演がある模様、主催の方はぜひ録音しておいてほしいです。

『ぬばたまり』
7月10日 日曜日 Bar Isshee (東京・千駄木)
open 19:00 / start19:30
投げ銭制 (別途チャージ500円+ドリンクオーダー)

出演:亞弥、A Qui Avec Gabriel、狩俣道夫

バー・イッシー:東京都文京区千駄木3-36-11



  1. 2016/07/08(金) 12:26:24|
  2. EXJP020
  3. | コメント:0

『CDジャーナル』2016年6号

CDjournal201606.jpg
CDジャーナル2016年6号にて、先月発表させていただきましたCD『狩俣道夫 / ノーアンブレラ、ノータンギング、イフ ノット フォー ザ ルーム』が、筆者一推しCDに選出されました。ジャズ&フュージョン部門では2作品だけの選出、大変ありがたかったです。選出いただきましたライターの中野和雄様およびCDジャーネル編集部の皆様、どうも有り難うございました。

http://bishop-records.org/onlineshop/article_detail/EXJP020.html


  1. 2016/05/23(月) 10:40:51|
  2. EXJP020
  3. | コメント:0

『ゴールデン・ハーツ・リメンバランス』および『ノーアンブレラ、ノータンギング、イフ ノット フォー ザ ルーム』雑誌評

IMG_0088.jpg 「CDジャーナル」5号にて、CD『ワダダ・レオ・スミス & ンダ・カルチャー / ゴールデン・ハーツ・リメンバランス』(ChapChap/Bishop Records, EXIP0410) をレビューいただけました。

 また、「ジャズ批評」と「ミュージック・マガジン」それぞれの5号にて、CD『狩俣道夫 / ノーアンブレラ、ノータンギング、イフ ノット フォー ザ ルーム』(Bishop Records, EXJP020) をレビューいただけました。写真掲載される事が少ないコーナーにもかかわらず、いずれも写真入りで紹介いただけました。

 各誌のレビュー担当者様および編集部の皆様、どうも有り難うございました。

CDジャーナル:http://www.cdjournal.com/main/top/
ジャズ批評:http://www.jazzhihyo.com

  1. 2016/04/24(日) 15:19:38|
  2. EXJP020
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Bishop Records

Author:Bishop Records

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

EXJP023 (10)
EXJP021 (16)
EXJP020 (10)
EXJP019 (11)
EXJP012 (4)
EXJP009 (1)
EXAC013 (7)
EXAC012 (12)
EXAC009 (1)
EXAC004 (1)
EXFV004 (6)
EXFV003 (2)
EXIP0520 (1)
EXIP0519 (1)
EXIP0410 (4)
PSFD-210 (5)
書籍『音楽の原理』 (10)
ライブ情報 (20)
入荷情報 (13)
未分類 (51)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR