Bishop Records blog

レコードレーベル"Bishop Records"の、最新情報やこぼれ話など。

今年もお世話になりました

PC300246.jpg今年もお世話になりました。

今年の自分の総括としては、音楽家としての私は、ヒグチケイコさん(ヒグチさん、洋梨有難う!)や黒田恵子さんなど、歌伴に重きを置いた1年でした。歌伴とはいえ伴奏ではなく対等なデュオという意識で取り組んだのですが、久しぶりに調音楽と正対し、そのギター演奏システムを見つめ直すきっかけになりました。また、その対極にあるようなカノンやフーガや音列技法の学習にも時間を費やしました。きっかけは、シェーンベルク作品のアレンジと、友人の美術家から求められたハウアーのトローペを用いた作品の演奏。こうして毎年少しずつでも前進している筈なのに、進むほどに課題は増えるばかりで、ゴールがますます遠ざかって感じられるのは、どういう事なのでしょうか。しるこでも食わないとやってられません。

執筆活動としては、長年取り組んでいた音楽の根本原理というテーマのレポートをまとめる事が出来ましたが、これはアルテスパブリッシング様はじめ、多くの人の協力があってできた仕事でした。感謝の気持ちを忘れないようにしたいです。音楽誌へのCD評やコンサート評などの寄稿も、幾つかさせていただきました。もう少し練習したいし作曲したいので、執筆作業はなるべく減らしたいのですが、しかし大変な力作や傑作まで黙殺状態にある時があり、さすがにこういう場合は自己犠牲もやむなし。自分だって、労力を割いてレビューしてくれた人の評価や叱咤に励まされ反省させられ、支え育てていただいて来たのですから。

ディレクター/プロデューサーとしては、自分の能力からすれば頑張れた方ではないかと思います。日本の管楽器の表現特性をフルートに組み込んだ狩俣道夫さんのフルートソロ(!)、都節を含めた日本の歌音楽に共通する情緒の形式を明示しようと努めた黒田恵子さんとの共同作業、「砂山」などの古い歌音楽のメロディーを軸にフリージャズ的な疾走感で駆け抜ける山口正顯&渡辺生死デュオ、私が思うワダダ・レオ・スミス最高傑作は、なぜこれほどの作品が聴かれないのかを考え、「何が為されたのか」の自分なりの見解を述べた解説をつけての再発。そして来年発売の照内央晴&松本ちはやデュオは、恐らく日本の即興音楽系の重要プレイヤーとして記憶される事になるだろう両者のデビュー録音(照内さん、林檎ありがとう)。現状の音楽シーンを鑑みると、どれも大変意義ある挑戦ばかりで、こういう生産的な仕事に関わらせていただけた事に感謝です。しかし、今年の膨大な仕事量の中で、よくこれだけやれたなあ…芋煮でも食わないとやってられません(中溝さん、いい店教えてくれてありがとう)。

エンジニアとしては、録音スタジオ出身のくせに、ますますライブ録音ばかりになりつつあります。さらに、好きな音楽ばかりを選ぶわがままが加速。「貧乏なくせに仕事を選ぶなよ」という死んだ叔父の声が聞こえてきますが、この性格が誰に似ているかというと叔父。そうはいうものの、自分の好きな音楽が何かというと、実は大概のジャンルは好きで、恐らくジャンルではなく本気度とか真剣度の部分で好き嫌いが分かれている気がします。嫌いというのは、下手とか趣味嗜好とかではなく、往々にして「なぜここで許してしまうのか」という部分が嫌いなのであって、これは自分自身の嫌いな部分を相手に投影して見つめているという、一種の自己嫌悪なのかも知れません。今年の録音では、超一流のプロの(技術以上に準備の)凄さと同時に、アマチュアの方の真剣さに感激させられた一年でもありました。エンジニアとして少しは貢献できていたら良いのですが…許された範囲で最大限の準備をし、最大限に手を尽くしたという事で、どうかご容赦いただければと思います。

1年を振り返るだけでも、自分が何を為したいと活動しているのか大体わかりますね(笑)。「こうあってほしい」「こうありたい」という物事だけに関わる事が出来た今は、なんと幸福な事かと思います。会社員の時も社長の時も、仕事を選ぶなんて出来ませんでしたし、まして「どう生きるか」の実践など、リアリティを欠く夢物語のようなものでした。そういう生き方が僅かながらも出来るようになったのは、なんといっても共感して下さる方々のおかげです。それに見合うだけの何かを、音楽を通して、皆様や社会に返せればと思っています。今年も一年お世話になり、ありがとうございました。どうぞ、良い年の瀬をお過ごし下さい。 (近藤秀秋)

スポンサーサイト
  1. 2016/12/31(土) 02:36:36|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

2017.1.21 CD【砂山】発売記念ライブ

PA130212_2.jpg
来年の1月21日、東京・高円寺のグッドマンにて、山口正顯・渡辺生死デュオによるCD発売記念ライブが行われます。

2017.1.21 CD【砂山】発売記念ライブ
山口正顯(t-sax, b-clarinet)、渡辺生死(drums)
※with 対バン:清水浩 ・西沢直人デュオ
open 19:00 / start 20:00 ¥2000 with 1drink
高円寺グッドマン 杉並区高円寺南3-58-17 PLAZA USA 2F、tel 090-9395-3576


  1. 2016/12/30(金) 22:11:39|
  2. EXJP023
  3. | コメント:0

『JazzTokyo』 No.225

ThroughTheGlass.gif
JazzTokyo 誌に、CDレビューを寄稿させていただきました。3作です。いずれも情熱の伝わる素晴らしい作品でした。俺も皆さんに追いつけるように頑張らないと。

『柳川芳命 / 2016』
『望月治孝 / ガラスをとおして』
『齋藤徹 / TRAVESSIA』

JazzTokyo のスタッフの皆様、ありがとうございました。 (近藤秀秋)


  1. 2016/12/29(木) 11:12:17|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

CD『山口正顯・渡辺生死 duo / 砂山』 本日発売

EXJP023.jpg山口正顯・渡辺生死 duo によるCD、本日発表です。

* * * * * *
『山口正顯・渡辺生死 duo / 砂山』
(Bishop Records EXJP023, 1800yen +tax)

 東京のフリージャズのメッカのひとつ「高円寺グッドマン」にて長年レギュラーを務める強力ユニットによる、成熟のパフォーマンス。
 1961年生まれの山口正顯(やまぐち しょうけん)は菊地成孔および津上研太に師事、テナーサックスとバスクラリネットを中心に様々なリード楽器を扱う。New Jazz Syndicate参加以降、フリージャズのステージに立ってきた。1950年生まれの渡辺生死(わたなべ しょうじ)は、学生時代に山崎弘にドラムを師事、米軍基地における演奏などのプロミュージシャンとしての活動後、10年ほどのブランクを経てフリージャズを中心に活動するドラム/パーカッション奏者。長きにわたって東京のフリージャズのメッカのひとつである高円寺グッドマンへのレギュラー出演を続けているこのデュオ、フリーフォーム特有の圧力と速度感を保ちながら、「砂山」「赤蜻蛉」「Danny Boy」「Summer Time」「You don't know what love is」などの古い歌音楽のメロディを織り交ぜ、独特の詩情をたたえる音を奏でる。2016年10月13日録音。

山口正顯 (tenor.sax, clarinet, bass-clarinet)
渡辺生死 (drums, percussions)

1. 砂山 tenor saxophone version (中山晋平)
2. Danny Boy (Traditional)
3. Grandfather's Clock (Henry Clay Work)
4. 渓流(たにがは) (齊藤コメゾウ
5. 赤蜻蛉 (山田耕筰)
6. 音叉 (渡辺生死)
7. You don't know what love is (Don Raye and Gene DePaul)
8. Summer Time (George Gershwin)
9. 砂山 bass clarinet version (中山晋平)



http://bishop-records.org/onlineshop/article_detail/EXJP023.html


  1. 2016/12/25(日) 11:35:20|
  2. EXJP023
  3. | コメント:0

CD『山口正顯・渡辺生死 duo / 砂山』 本日入荷

PC230238.jpg
CD『山口正顯・渡辺生死 duo / 砂山』(Bishop Records, EXJP023)、本日入荷しました。ご予約いただきました方には、今日中に発送させていただきます。他タイトルと異なり、ビショップレコーズのオンラインショップ限定発売の作品ですが、山口正顯または渡辺生死のライブ会場でもお求めいただけます。

http://bishop-records.org/onlineshop/article_detail/EXJP023.html


  1. 2016/12/23(金) 12:58:22|
  2. EXJP023
  3. | コメント:0

2016.12.13 川島誠ソロ at キッドアイラックアートホール

15055745_1145194392183671_5848703287525646632_n.jpgアルトサックスの川島誠さんのご厚意で、明後日12/13の彼のパフォーマンスに一部ゲスト出演させていただく事になりました。ここ5~6年、ほとんどガットギターしか演奏していないのですが、サックス相手だと音量負けしてしまうので、エレクトリック・ギターを使おうと思います。エフェクターでレディメイドな音を作るのは好きになれないし、また音を痩せさせたくないので、アンプ直結、残りはホールの響きに助けてもらう事にします。ここ数日間、時間を見つけては指を175に慣らしているのですが、ようやく馴染んできました。まあ私の事はともかく、ホールのアコースティックでダイレクトに聴く川島さんのアルトサックス・ソロは一聴の価値があると思いますので、ご興味を持っていただけるようでしたら、是非いらして下さい。 (近藤秀秋)

12/13 キッドアイラックアートホール
川島誠 ソロ
19:00開場/19:30開演/¥2,000
〒156-0043 東京都世田谷区松原2-43-11, tel 03-3322-5564
http://www.kidailack.com/


  1. 2016/12/11(日) 16:49:54|
  2. ライブ情報
  3. | コメント:0

CD『柳川芳命 / 2016』(極音舎、GO-09) 入荷

GO-09.jpgNew arrival:

CD “YANAGAWA Homei / 2016” (Gokuonsha, GO-09)
YANAGAWA is a very famous free-form saxophone player in japan. The freeform music scene of Nagoya (one of the cities in west Japan) is formed around him. This recorded a collaboration with him and a young musician. It is very energeticand chaotic. Recorded in 2016.
http://bishop-records.org/CatalogbishopOth.html

CD『柳川芳命 / 2016』(極音舎、GO-09)が入荷しました。柳川芳命(やながわ ほうめい、数年前に「やながわよしのり」より改名)さんは、名古屋を拠点に活動するフリーフォームのアルトサックス奏者。柳川さん久々の録音は、迷いのない直情的な表現で、見事なアーティキュレーションを伴って強烈な速度感で迫ってきます。
http://bishop-records.org/onlineshop/article_detail/GO-09.html


  1. 2016/12/10(土) 13:08:26|
  2. 入荷情報
  3. | コメント:0

CD『山口正顯・渡辺生死 duo / 砂山』(EXJP023) 2016.12.25 release

EXJP023.jpg
New arrival:
CD "Yamaguchi Schoken & Watanabe Shouji /sunayama” (Bishop Records, EXJP023). 2016.12.25 release. They have been playing together for a long time at the famous free jazz house in Tokyo. Their music is mixed with old Eastern/ Western songs and free jazz .

http://bishop-records.org/Catalogbishop.html


CD『山口正顯・渡辺生死 duo / 砂山』(Bishop Records, EXJP023)、12月25日リリースです。東京のフリージャズのメッカのひとつ「高円寺グッドマン」にて長年レギュラーを務める強力ユニット。フリーフォーム特有の圧力と速度感を保ちながら、「砂山」「赤蜻蛉」「Danny Boy」「Summer Time」「You don't know what love is」などの古い歌音楽のメロディを織り交ぜ、独特の詩情をたたえる音を奏でます。ビショップレコーズのオンラインショップ限定発売品です。





http://bishop-records.org/onlineshop/article_detail/EXJP023.html


  1. 2016/12/08(木) 18:23:55|
  2. EXJP023
  3. | コメント:0

レーベル「Armageddon Nova」 3作品入荷

ThroughTheGlass.gifNew arrival:
CD "Harutaka Mochizuki / Through the glass" (Armageddon Nova, AN-R5)
CD "Aishi Oyauchi / Hikureteyomohakuraku" (Armageddon Nova, AN-R4)
CD "Aishi Oyauchi / wrong exit" (Armageddon Nova, AN-R2/3)

Mochizuki's new album is solo saxophone performance. His playing style is peculiar and has a Japanese emotion.
Oyauchi is over 40 years of career saxophonist, and he recently began publishing recording works.

http://bishop-records.org/CatalogbishopOth.html

北海道のCDレーベル「Armageddon Nova」の作品3タイトルを入荷しました。いずれも日本人プレイヤーによる独奏(1作品は途中ピアノ演奏もあり)。

『望月治孝 / ガラスをとおして』(Armageddon Nova, AN-R5)
『大矢内愛史 / ひくれてよもはくらく』(Armageddon Nova, AN-R4)
『大矢内愛史 / wrong exit -大矢内愛史の世界-』(Armageddon Nova, AN-R2/3)

静岡を中心に活動する望月治孝(もちづき はるたか)は、阿部薫から浦邊雅祥へと続く、フリージャズとは一線を画するサックス独奏の流れにある代表的演奏家のひとりです。
大矢内愛史(おおやうち あいし)は函館を中心に活動、豊住芳三郎や板橋文夫などのライブ客演など、40年以上のキャリアの多くをライブ活動に費やし、ここ数年でようやく録音作を発表するようになったサックス奏者です。



  1. 2016/12/04(日) 17:12:13|
  2. 入荷情報
  3. | コメント:0

プロフィール

Bishop Records

Author:Bishop Records

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

EXJP023 (10)
EXJP021 (16)
EXJP020 (9)
EXJP019 (10)
EXJP012 (2)
EXJP009 (1)
EXAC013 (6)
EXAC012 (11)
EXAC009 (1)
EXAC004 (1)
EXFV004 (6)
EXFV003 (2)
EXIP0519 (1)
EXIP0410 (4)
PSFD-210 (4)
書籍『音楽の原理』 (8)
ライブ情報 (12)
入荷情報 (8)
未分類 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR