FC2ブログ

Bishop Records blog

レコードレーベル"Bishop Records"の、最新情報やこぼれ話など。

2019.12.4 Celeste Septet 東京公演レビュー

celeste septet少し時間がたってしまいましたが、12月4日に東京永福町のSonorium で行われたCeleste Septet のライブが言葉に出来ないほどの素晴らしさで、数日経過した今も感動が残っています。こういうことを言うと気分を害されるかもしれませんが、私がこれまでに見た青木菜穂子さんのライブの中で、最も優れたパフォーマンスだったのではないでしょうか。

このライブに向けて、青木さんはライブの出演依頼の多くを断ってスケジュールを空け、部屋に籠りきりとなって作曲やアレンジ、そして練習に費やしたそうです。そしてステージは、プログラム、作曲、アレンジ、演奏、七重奏のアンサンブル、そのすべてにおいて完璧でした。
当日、ヴォーカルを務めたSayaca との共作「La montaña de la Luna」は、詩も曲も絶品。また、タイトなリハーサル・スケジュールで本番に臨んだであろう演奏者たちも、それを感じさせないほどリアリゼーションを見せた素晴らしい演奏でした。

私事ですが、先月まで他のバンドのために作詞を行った都合で、大学生の時以来に世界中の詩集をむさぼるように読んでいました。

そして、今回のライブで聴くことのできた詩や音楽は、先日読み返したばかりのネイティブ・アメリカンやラテン・アメリカの詩集と何かを共有していると強く感じました。正義を支えている美感や価値観が同じなのでしょう。
 音を文章にするのは難しいので詩を例にとると、先述の曲で、sayaca さんはこのような一節を綴っています。「それは過去の山。それは生と死を繋げる山。」最後には山に還るという思想はいくつかの文化が持っていますが、北部インディアンもそうした民族のひとつです。自分がつねに自分のルートと繋がり、すべてそこを基準に考えるわけです。このライブを聴いていてずっと思い出していたもののひとつは、ネイティブ・アメリカンの血をひくブラックウルフ・ジョーンズの詩です。なぜ情熱的であるのか、なぜ切なさを伝えるのか、その激しいクラスターを良しとする前提には何があるか。このライブで、私が激しく心を動かされた部分の根底にあるものを考えると、すべてラテンアメリカの根底にあったものとの共通項を挙げたくなるのです。 

いま、複数の仕事を抱えてしまっているのですが、もし時間を取ることが出来るようであれば、当日のライブレポートをどこかで書かせていただければと思っています。改めまして、素晴らしい音楽を聴かせてくださいました7人のミュージシャンに拍手を送りたいと思います。

Celeste Septet (青木菜穂子七重奏)
2019.12.4 at Sonorium 東京永福町

ミュージシャン:
青木菜穂子 Naoko Aoki – piano, arrange, compose
北村聡 Satoshi Kitamura – bandoneon
吉田篤 Atsushi Yoshida – violin
西谷牧人 Makito Nishiya – cello
大柴拓 Taku Oshiba – guitar
田中伸司 Shinji Tanaka – contrabass
Sayaca - Vocal

プログラム:
Chiqué (R.Brignolo)
El Andariego (A.Gobbi)
Pajaros (N.Aoki)
Mano Brava (M.Buzón)
El Corazón al Sur (E.Blázquez)
Se Potessi Ancora (S.Bardotti / A.Piazzolla)
Otoño Porteño (A.Piazzolla)
Si sos Brujo (E.Balcarce)
Donaré (C.Ceretti / O.Pometti)
La montaña de la Luna (Sayaca / N.Aoki)
Cuando muere el Angelito (M.Ferreyra / E.Inchausti)
El Dia que Me Quieras (C.Gardel)
El Faro (N.Aoki)
La Oncene (E.Lagos)
アンコール:El Choclo (Á.Villoldo)
スポンサーサイト



  1. 2019/12/07(土) 14:31:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

Bishop Records

Author:Bishop Records

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

EXJP023 (10)
EXJP021 (16)
EXJP020 (10)
EXJP019 (11)
EXJP012 (4)
EXJP009 (1)
EXAC013 (7)
EXAC012 (12)
EXAC009 (1)
EXAC004 (1)
EXFV004 (6)
EXFV003 (2)
EXIP0520 (1)
EXIP0519 (1)
EXIP0410 (4)
PSFD-210 (5)
書籍『音楽の原理』 (10)
ライブ情報 (20)
入荷情報 (13)
未分類 (51)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR