FC2ブログ

Bishop Records blog

レコードレーベル"Bishop Records"の、最新情報やこぼれ話など。

CD『照内央晴・松本ちはや / 哀しみさえも星となりて』 2017.1.21 release

EXJP021.jpgNew arrival:
CD “TERUUCHI Hisaharu & MATSUMOTO Chihaya / Anything ascends into the firmament. Even sorrow...”
(Bishop Records, EXJP021)

TERUUCHI is a pianist who is well known in the live scene of improvised music in Japan. MATSUMOTO is a percussionist who has played a variety of music as a professional musician. Both are influenced by various music such as classical music, and arriving at improvisation. Their sound is sometimes intelligent and sometimes ferocious. And it is not materially instantaneous, well structured. Recorded live in 2016.
http://bishop-records.org/CatalogbishopOth.html

新作情報:
CD『照内央晴・松本ちはや / 哀しみさえも星となりて』
(Bishop Records, EXJP021) 2017.1.21 release

現代の作曲/演奏行為の先への挑戦としてあるインプロビゼーション、その強靭な相貌。
ピアニスト・照内央晴(てるうち ひさはる)と、マルチパーカッショニストの松本ちはや(まつもと ちはや)のデュオによる、ライブ録音盤。双方のアーティストとしてのデビュー録音盤でもある。 照内は、4歳からピアノを始め、クラシック、現代音楽、現代ジャズを通過してきたピアニスト。フリージャズ界の巨星・豊住芳三郎から日本人プレイヤーとして指名を受け、また多くの来日アーティストとの共演など、日本の即興音楽のライブシーンで高い評価を受けている。一方の松本は、音楽大学で演奏を修め、様々な受賞経歴を持つマルチパーカッショニスト。音楽を生業とするプロプレイヤーというだけでなく、マルチパーカッショニストによるソロ公演「リデル」を成功させるなど、アーティストとしても着実にキャリアを積み上げている。 本作は近代クラシック/現代音楽の色濃く反映させるピアノと、芸術音楽の領域で響かせようとするパーカッションが、それぞれの音楽的背景を見事に語彙として使いこなし、即興という手法で繊細かつ極めて強度ある演奏表現に昇華させている。それは現代の芸術音楽が正対すべき局面に向き合う事の出来た、芸術音楽の本道を行く相貌を持っている。ライブシーンでは既に高い評価を受けているふたりの、遅すぎたデビュー録音。
http://bishop-records.org/onlineshop/article_detail/EXJP021.html


スポンサーサイト



  1. 2017/01/04(水) 11:05:46|
  2. EXJP021
  3. | コメント:0
<<CD『齋藤徹 / TRAVESSIA』 入荷 | ホーム | 喜多直毅さんのブログ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Bishop Records

Author:Bishop Records

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

EXJP023 (10)
EXJP021 (16)
EXJP020 (10)
EXJP019 (11)
EXJP012 (4)
EXJP009 (1)
EXAC013 (7)
EXAC012 (12)
EXAC009 (1)
EXAC004 (1)
EXFV004 (6)
EXFV003 (2)
EXIP0520 (1)
EXIP0519 (1)
EXIP0410 (4)
PSFD-210 (5)
書籍『音楽の原理』 (10)
ライブ情報 (20)
入荷情報 (14)
未分類 (51)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR