FC2ブログ

Bishop Records blog

レコードレーベル"Bishop Records"の、最新情報やこぼれ話など。

日本映画歴代トップ10というものを調べてみると

23755054_1853100111669956_365657191623581302_n.jpg 風邪をひいて何もやる気が起きないので、これ幸いとばかりにいい日本映画でも観ようと、日本映画歴代トップ10というものを調べました。結果はアニメが大半、残りは「踊る大捜査線」と「子猫物語」。基準は、興行成績のようです。この傾向、30位まで下ろうが50位まで下ろうが延々と続きます。

 若い頃に映像作家を志した事がありますが、面接で日芸の教授先生と大喧嘩してその道は絶たれました。クエイ兄弟もソクーロフも侮辱され、正面から教授を否定しにいった私のセンスは実に正しいと今でも思いますが、あまりにストレート、若すぎました(笑)。反対にいる人を味方にしていく器量を18歳の若者に求めるのは酷ですが、反対にいる人をいちいち斬っているようでは、集団の駒として生きる映画界で生きていくなど、どのみち無理だったでしょう。それでも、ヨーロッパと日本の映画は好きでした。日本映画でいえば、吉田喜重「戒厳令」や篠田正弘「心中天網島」あたりを探り当てたのは、作り手になりたいと思うぐらいなら必要なセンスと思いますが、降旗康男「寒椿」や市川崑「悪魔の手毬唄」にも感動するあたりはお客様的。
 いずれにしても、小津安二郎、黒沢明から70年代までの日本映画全体に漂うものに同調する感覚はそれなりにあったと思うのですよね。しかし数十年音楽に深入りしている間に、いつのまにやら浦島太郎、日本映画は私が知っているものとまるで違うものになってしまったのではないか、という感覚です。うまく探せばいい映画もたくさんあると思うのですが、素人なもので探し方が分かりません。

 ところでこの傾向、映画産業界だけなのでしょうか。音楽界も出版界も似ている気がします。大事な部分は脈々と受け継がれている気がするのですが、そういうものがとにかく見えにくい。ここには文化的な根というものがあって、前回の選挙結果、原発問題、今の音楽界の状況など、すべて同じルートから派生しているのでしょうね。オルテガのいう大衆の反逆は、どうも違う方向に誘導されてしまった模様。
スポンサーサイト



  1. 2017/11/20(月) 20:33:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<コミタス・ヴァルダペット「Six Dances」 演奏:七條恵子(ピアノ) | ホーム | 「 Mercure des Arts」に、『音楽の原理』書評掲載>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Bishop Records

Author:Bishop Records

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

EXJP023 (10)
EXJP021 (16)
EXJP020 (9)
EXJP019 (11)
EXJP012 (4)
EXJP009 (1)
EXAC013 (7)
EXAC012 (12)
EXAC009 (1)
EXAC004 (1)
EXFV004 (6)
EXFV003 (2)
EXIP0520 (1)
EXIP0519 (1)
EXIP0410 (4)
PSFD-210 (5)
書籍『音楽の原理』 (10)
ライブ情報 (20)
入荷情報 (12)
未分類 (44)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR