Bishop Records blog

レコードレーベル"Bishop Records"の、最新情報やこぼれ話など。

JazzTokyo に「青木菜穂子+神田晋一郎」ライブレポート記載

20180323-kanda_aoki.jpg JazzTokyo にライブレポートをひとつ寄稿させていただきました。最近はジャズ方面での活動の目立つ作曲家ピアニストの神田晋一郎と、モダン・フォルクローレにも深く入り込んでアルゼンチン音楽全体の思弁に分け入りつつある作曲家ピアニストの青木菜穂子のデュオ。ピアニストとして評価の高いおふたりですが、実は互いの持つ作曲家という側面が、音楽の方向を決定づけていると感じました。しかし、その事をレポートに書き忘れてしまいました(笑)。

http://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-27095/

 今月のJazzTokyo はセシル・テイラー追悼特集が組まれていました。それらの記事を読んで感じたことは、神田&青木デュオを聴いて感じた、演奏時の「作曲」という視点についてでした。私にとってのセシル・テイラーは、ジミー・ジュフリー、ラン・ブレイク、ジョージ・ラッセルらと並んで、ジャズの中で本気でアナリーゼに取り組んだ数少ない「作曲家」です。彼の即興演奏から学んだ事も、爆発力や表現ではなく、主題をどう変奏するか、展開部をどう作るかという手法についてでした。ところが、テイラーのこうした作曲的な部分は語られる事も伝えられる事もないと感じます。
 私はセシル・テイラーの「Student Studies」という曲のデザインとそのリアリゼーションの仕方が好きです。恐らく7割がた即興演奏であるだろうその音楽は、第1主題、経過句、第2主題、ブレーキング・コーラスに代用された展開部、再現部、という構造をしています。要するにソナタ形式、古典派以降の西洋音楽そのものです。ところがジャズのフィルターを通すとここが見えにくくなるようで、和声分析が始まるか、即興演奏が語られるか、モンクとの繋がりが語られるか…実際に良い演奏ですし、それらが間違っているとは思いませんが、それはソナタの1楽章の主題部だけを入念に和声分析したり、あるいはカデンツァ部分だけを取りあげたりする行為であるように思えてしまうのですよね。「STUDENT STUDIES」「CROSSING」などの長尺の演奏であっても聴衆に追跡を喚起し続けるのは、即興演奏の爆発力以上に構造の堅牢さに原因があると私は感じています。無論、演奏の素晴らしさとセットの事ですが。
 そろそろジャズ評論家の誰かがこの点を伝えておかないと、テイラーは即興演奏で押すプレイヤーのひとりだと思われ続けて終わるのではないでしょうか。音楽全体で見れば、ジャズの中でトータル・ミュージックに近づくもっとも優れた仕事をした上位3人に入りそうな人が、ジャズの中に入るとまるで傍流のように見えてしまうこの現象は、最も素晴らしい点が今も気づかれないままである事に原因があるような気がします。


スポンサーサイト
  1. 2018/05/06(日) 09:04:23|
  2. ライブ情報
  3. | コメント:0
<<照内央晴・松本ちはや CD発売1周年記念関東ツアー1week | ホーム | 『Art Crossing』第2号 豊住芳三郎特集 発売>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Bishop Records

Author:Bishop Records

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

EXJP023 (10)
EXJP021 (16)
EXJP020 (9)
EXJP019 (11)
EXJP012 (4)
EXJP009 (1)
EXAC013 (7)
EXAC012 (12)
EXAC009 (1)
EXAC004 (1)
EXFV004 (6)
EXFV003 (2)
EXIP0520 (1)
EXIP0519 (1)
EXIP0410 (4)
PSFD-210 (4)
書籍『音楽の原理』 (9)
ライブ情報 (18)
入荷情報 (8)
未分類 (32)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR