FC2ブログ

Bishop Records blog

レコードレーベル"Bishop Records"の、最新情報やこぼれ話など。

CD『森川ともゆきとタンゴ・アンサンブル / タンゴ…バンドネオンの輝き』

MoriokaEnsemble.jpgふとしたご縁で、とあるタンゴのCDの制作に関わらせていただきました。店舗限定販売のようですが、内容が素晴らしかったのでご紹介させていただきます。

ジャズやタンゴやフラメンコに惹かれ、手当たり次第に聴いていた若いころ、タンゴというと盛岡の名を耳にすることがありました。盛岡にタンゴ専門の名門ライブ・レストランがある事を知ったのは、私が音楽業界に入ってしばらく経ってからの事でした。店の名は「アンサンブル」で、店主の森川倶志(ともゆき)さんがバンドネオン奏者。これにヴァイオリンの花田慶子さん、そして時代に合わせて様々なピアニストが加わる形で、ベースレス・トリオ「森川ともゆきとタンゴ・アンサンブル」となるようです。レストラン「アンサンブル」ではこのトリオの演奏を聴く事が出来、10代続いた歴代ピアニストは錚々たる顔ぶれ。熊田洋さんや青木菜穂子さんの名もそこに見つける事が出来ます。

このCDは、森川ともゆきとタンゴ・アンサンブルが30年ほど前に制作した12インチアナログ盤のCD化で、40周年記念作品です。アナログハーフのデジタル化などの裏話なども書けば面白いでしょうがそれは置いておくとして、何より素晴らしかったのは音楽でした。
バンドマスターの世代的に、ヌエボ・タンゴ以前の古き良きタンゴを大事に演奏なさってるのだろうと思っていたのですが、そうではありませんでした。フランシスコ・カナロなど古いタンゲスタの曲も取りあげてはいるものの回顧ではなく、モダンを感じさせる生々しい音に満ちていました。演奏も渋みがあって素晴らしかったのですが、特に惹かれたのはアレンジでした。アレンジを行なったのは熊田洋さんで、後に小松亮太さんのアンサンブルなどにも加わったピアニスト/アレンジャーです。古典とモダンを橋渡しした見事な仕上がりでした。例えれば、古いビッグバンドジャズだと思っていたカウント・ベイシーの音楽が、晩年はモダンと伝統の見事に融和した音楽になっていた事に似ている、とでも言えば伝わるでしょうか。

ミックスダウン後の2チャンネルマスターしか現存していなかったため、リミックスは既に不可能、行うにしてもリマスタリングまでという状況でした。私なりの解釈で大がかりなリマスタリングを施そうかとも考えましたが、40年に渡って盛岡で演奏活動を続けてきた事自体が日本タンゴ史の重要な歴史の一部であって、当時の録音状態に近いまま残す事が重要と思い直し、マスタリングはノイズ除去や欠落部の復旧に留め、あとはなるべく当時のミックスに出来る限り近づけたつもりです。

この40年、アルゼンチンはもとより日本のタンゴ界も大きく動いたので、色々なご苦労があったかとは思いますが、東京から盛岡に移り、こうした活動を40年間演奏活動を続けた事は生き様そのものであり、敬服します。ビショップレコーズでの取り扱いはありませんが、もし盛岡のアンサンブルに行かれる事がおありのようでしたら、このCDにも目を留めていただけると有り難いです。

スポンサーサイト



  1. 2019/05/28(火) 15:54:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<JazzTokyo No.254 齋藤徹追悼 | ホーム | CD『軌跡2~ドキュメンタリーの音楽~』 本日発売>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Bishop Records

Author:Bishop Records

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

EXJP023 (10)
EXJP021 (16)
EXJP020 (9)
EXJP019 (11)
EXJP012 (4)
EXJP009 (1)
EXAC013 (7)
EXAC012 (12)
EXAC009 (1)
EXAC004 (1)
EXFV004 (6)
EXFV003 (2)
EXIP0520 (1)
EXIP0519 (1)
EXIP0410 (4)
PSFD-210 (5)
書籍『音楽の原理』 (10)
ライブ情報 (20)
入荷情報 (12)
未分類 (43)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR