FC2ブログ

Bishop Records blog

レコードレーベル"Bishop Records"の、最新情報やこぼれ話など。

トランぺット奏者の沖至、逝去

OkiItaru_5Cds.jpg 8月25日、トランぺッターの沖至さんが逝去なさったそうです。享年79歳。

 私が沖至さんの演奏に初めて触れたのは、1973年にジャズ批評家の副島輝人さん主催のフェスティバルを収録したライブ盤『インスピレーション&パワー14』を通しての事でした。そこでの沖さんはエレクトリック・トランペットを演奏しており、エレクトリック・マイルスをよりフリーにしたような演奏を披露していました。遡る形で1970年録音の『殺人教室』も聴き、バップの延長にあるようなフリージャズと、数多くの楽器を使った色彩感豊かな音楽のふたつを聴きました。60~70年安保闘争という社会状況の中で、大学卒業後にジャズの世界に身を投じたトランぺッターの思索を音で見た思いがしました。

 しかし、私が沖さんを知った頃、沖さんはもう日本にはおらず、渡仏していました。また、録音を通しても、74年の渡仏以降の沖さんの音楽に触れる機会は無いままでした。
 渡仏後の沖さんの音楽に触れることが出来るようになったのは2010年代に入ってからで、欧米で日本のフリージャズに注目が集まった時でした。フランスの新興レーベルであったImprovising Beings は、その最初の作品として沖至さんを選びました。タイトルは『野武士考』。同レーベルは以降も沖さんの録音を発表し続け、アラン・シルヴァを含むカルテットの演奏は、パリならではの国際色豊かな編成の音楽でした。沖さんの音源はさらにリリースされ、リトアニアのレーベルNoBusiness Recordsも、日本のちゃぷちゃぷレコードが所有していた沖さんの音源をリリースしました。

 ビショップレコーズでは、渡仏後の沖さんの録音を5タイトル扱っています。渡仏後の沖さんの音源は数があまり多くなく、あまり多くの在庫は確保できていませんが、興味がある方はどうぞ聴いてみてください。素晴らしい音楽家のご冥福を慎んでお祈り致します。

http://bishop-records.org/onlineshop/artist_detail/OItaru.html
スポンサーサイト



  1. 2020/08/28(金) 14:03:05|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | CD『原田斗生 / To-i』 録音を担当させていただきました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bishoprecords.blog.fc2.com/tb.php/194-41d3f949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Bishop Records

Author:Bishop Records

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

EXJP023 (10)
EXJP021 (16)
EXJP020 (10)
EXJP019 (11)
EXJP012 (4)
EXJP009 (1)
EXAC013 (7)
EXAC012 (12)
EXAC009 (1)
EXAC004 (1)
EXFV004 (6)
EXFV003 (2)
EXIP0520 (1)
EXIP0519 (1)
EXIP0410 (4)
PSFD-210 (5)
書籍『音楽の原理』 (10)
ライブ情報 (20)
入荷情報 (14)
未分類 (51)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR