fc2ブログ

Bishop Records blog

レコードレーベル"Bishop Records"の、最新情報やこぼれ話など。

CD『The Jimmy Giuffre 3 / Bremen & Stuttugart 1961』 について

JimmyGiuffre_Stuttgart_Bremen.jpg ジャズ史を揺るがすほどの素晴らしい内容にもかかわらず、日本での入手が困難なため、入荷する事にしました。

The Jimmy Giuffre 3 / Bremen & Stuttugart 1961
(EMANEM 5208) *CD2枚組

 ジミー・ジュフリー・トリオは、1960年代に入ってメンバーをポール・ブレイ(ピアノ)とスティーヴ・スワロウ(ベース)に入れ替え、フランス印象派に近い4度堆積和音や全音階をはじめとしたクラシック近代音楽と、モダン・ジャズの特色でもあるツーファーブ・モーションから離れた苛烈な即興演奏、このふたつを融合した音楽を完成させた。その成果はヴァーヴからリリースされた『Thesis』『Fusion』というふたつのアルバムに結実した。この2作はのちにECMから『Jimmy Giuffre 3, 1961』として復刻されたが、その際に1曲がテイク差し替え(TRUDGIN’)、1曲がカット(USED TO BE)となった。

 「ジャズを続けるかクラシックの作曲家になるか迷った」と考えていたジミー・ジュフリーが生み出したこの音楽は、アメリカよりヨーロッパで評判となって欧州公演が行われ、そのいくつかの録音が残った。その代表が92年と93年にhat ART から発掘音源としてリリースされた『Emphasis, Stuttgart 1961』と『Flight, Bremen 1961』。いずれも61年のドイツ公演の記録で、時としてスタジオ録音をはるかに凌ぐ作曲と即興演奏が混然一体となった驚異の演奏を聴くことが出来る。

 この2つのドイツ公演を2枚組にして復刻したものが本作。注目は、ブレーメン公演にこれまで未発表だった5曲が追加された事と、ECM盤の復刻時に差し替え/カットされた2曲が追加された事。もしジャズがアメリカン・ソングフォームのポピュラー音楽でなく、クラシックが機能和声音楽の外に飛び出した瞬間の音楽をそのまま引き継いでいたら、恐らくこういう音楽になったのではないだろうか。歴史に残すべきライヴ演奏の完全版となる素晴らしい復刻。 (近藤秀秋、2022)

http://bishop-records.org/onlineshop/article_detail/EMANEM5208.html
スポンサーサイト



  1. 2022/12/23(金) 00:12:10|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<EMANEM 63タイトルを入荷しました | ホーム | 音楽詩劇研究所 ユーラシアンオペラ 2022【A Night The Sky was Full of Crazy Stars】 公演情報>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Bishop Records

Author:Bishop Records

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

EXJP026 (4)
EXJP025 (3)
EXJP024 (2)
EXJP023 (10)
EXJP021 (16)
EXJP020 (10)
EXJP019 (12)
EXJP012 (4)
EXJP009 (1)
EXAC014 (5)
EXAC013 (7)
EXAC012 (12)
EXAC009 (1)
EXAC004 (1)
EXFV004 (6)
EXFV003 (2)
EXIP0520 (1)
EXIP0519 (1)
EXIP0410 (4)
PSFD-210 (5)
書籍『音楽の原理』 (10)
ライブ情報 (23)
入荷情報 (16)
未分類 (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR