FC2ブログ

Bishop Records blog

レコードレーベル"Bishop Records"の、最新情報やこぼれ話など。

本年度もお世話になりました

EXJP012_jacket.jpg 言葉の介在を必要とせず、強く情動を喚起する事自体が目的化されているものが音楽なのではないか、少なくとも最上位にある音楽とはそういうものではないのか、と考えています。なぜそれを最上と考えるかというと、生きている事を感じさせるものは情動であると感じるからです。
 レーベルの人間として志している事は、人対人としては、心震える音や音楽を作り出す事、一般に知られているとは到底思えないその感触や捉え方を人に伝えること。音楽界に対しては、意味ある作品を音楽史に企投する事です。今年、ビショップレコーズより紹介させていただきました作品は以下の通りでした。

『スティーヴ レイシー / スクールデイズ +2』
『ジョー・パワーズ-青木菜穂子 / Jacaranda en flor』
『望月治孝‐近藤秀秋 / el idioma infinito』
『住友郁治 / Oratio 2 -recital 2014-』


 なぜ芸術音楽に拘るのかというと、良い仕事をしたいと望むからなのかもしれません。優れた芸術音楽は共通した象徴作用を持つものと感じていますが、少なくともそこに挑戦して良い権利を得た音楽を、ジャズ、アルゼンチン音楽、トータルミュージック、クラシックと、様々な形式から良いバランスで紹介出来たのではないかと思います。もう少し紹介したい作品があったのですが、時間的な制約から丁寧に紹介する事が難しい状態になってしまいました。それは来年の宿題にさせていただこうと思います。

 本年度もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト



  1. 2015/12/29(火) 16:04:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<狩俣道夫フルート・ソロ ミックス作業 | ホーム | ミュージック・マガジン誌 行川和彦氏のインディーズ盤紹介枠>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Bishop Records

Author:Bishop Records

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

EXJP023 (10)
EXJP021 (16)
EXJP020 (9)
EXJP019 (11)
EXJP012 (4)
EXJP009 (1)
EXAC013 (7)
EXAC012 (12)
EXAC009 (1)
EXAC004 (1)
EXFV004 (6)
EXFV003 (2)
EXIP0520 (1)
EXIP0519 (1)
EXIP0410 (4)
PSFD-210 (5)
書籍『音楽の原理』 (10)
ライブ情報 (20)
入荷情報 (12)
未分類 (44)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR